読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング&ICT最前線

ー21世紀型授業づくりへの挑戦。あと読書。ー

Aコリンズ、Rハルバーソン「デジタル社会の学びのかたち」

読書記録

 

デジタル社会の学びのかたち: 教育とテクノロジの再考

デジタル社会の学びのかたち: 教育とテクノロジの再考

  • 作者: アランコリンズ,リチャードハルバーソン,Allan Collins,Richard Halverson,稲垣忠
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2012/12/02
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

そのまま大学の講義の教科書にしても良いくらいに、

幅広い内容をカバーし、よくまとまっている本です。

 

アメリカという文脈に置かれていることと、

ICTに対するやや楽観主義すぎる見方を考慮しても、

 

ICT導入の推進派と懐疑派(否定派ではなく、

「学校は変わらないよ」という人たち)双方の主張、

学校の近現代史、学校外での教育の変化など、

 

これを読むだけで、ICTが導入されつつある今の時代の流れが、

社会や学校の変化という文脈の中で整理できます。

 

さらに邦訳版ならではの特典として、

訳者である大学の先生方による、

本書の内容をテーマとした座談会が掲載されているのも嬉しい点です。

 

むしろここを読むだけでも、

本書の内容の概略がかなりの部分つかめてしまいます。

 

 

学校へのICT導入に際して、

時代背景という大きな文脈からの説得力を加えるためにも

読んでおきたい一冊です。