読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング&ICT最前線

ー21世紀型授業づくりへの挑戦。あと読書。ー

『キャリアガイダンス』No.50

読書記録

リクルートの『キャリアガイダンス』50号。

 

特集は「高校生・保護者白書2014」

進路にまつわる親子の関係についてです。

 

子どもと保護者がそれぞれ何を考えているのか、

コミュニケーションを取っている(と感じている)のか、

どんな話をしているのか、

どんな関わり方を求めているのか、

などなど。

 

とても参考になりましたが、

個人的には学校や教師への要望の部分が

もっと厚いと嬉しいですね。

 

 

進路指導は本当に難しいです。

 

経験の浅さ、自身の未熟さはもちろんありますが、

しかし根本的に何をすべきか、何ができるのかを考えると・・・

 

どちらかと言うと悲観的な結論に落ち着いてしまいます。

 

特に「クラスに対して話をする」という場面。

 

目指す方向がそれなりに定まっている学習指導ですら、

教室にいる子どもたちの多様性に戸惑うのに、

方向が定まっていない進路指導はなおさらです。

 

複数人に向けて同時には話をするべきではないのでは、

とも考えます。

 

そして1対1であっても・・・

 

 

もちろん自分なりに、自分の経験や他者の経験から、

考えること、学んできたこと、良しと思うことはあります。

 

しかしそれを伝えることがどういう影響をもたらすのか、

どう伝えるのか、そもそも伝えるべきなのか。

 

考えだすときりがなく、答えもなく。

 

それでも良かれと思って伝えるようにはしています。

 

やらない後悔よりは、やる後悔、と思って。

 

しかしそれが自分だけの問題でなく、

相手の人生をも巻き込むこととなると果たして・・・???

 

 

もっとも自分が学生のときを振り返れば、

先生がいった事を100%受け入れるなんてことはなく、

10%の子もいれば50%、70%の子もいて、

 

それぞれに自分にとって利用できそうな部分を利用して、

うまく生きていってくれるのだろうとは思うのですが。

 

そうであれば、

「なんで俺が言うことを素直に聞き入れないんだ」

と思ってしまうことがなければ、

まずまず、悪くはないのかもしれませんね。