読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング&ICT最前線

ー21世紀型授業づくりへの挑戦。あと読書。ー

ブライアン・ヘイズ『ベッドルームで群論をーー数学的思考の愉しみ方』

読書記録

 

ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方

ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方

 

 

ずっと一冊丸ごと群論の本だと思っていたので

読むタイミングを選びつつ半年ほど本棚に眠っていたのですが、

いざ読んでみると、数学エッセイ集でした。

 

そして12編のエッセイがどれも面白い。

 

ベッドのマットレスの返し方における汎用的方法を考えたり、

「ランダム」を発掘する必要があり枯渇する可能性のある資源と見たり、

経済社会における貧富の差の行く末をシミュレートしてみたり。

 

副題の通り、数学的思考の愉しみ方、つまり探究の過程に焦点が置かれており、

結論がどう、ということよりは、

著者と一緒に数学的アプローチによる探究を楽しむ、

ということが重視されています。

 

なので数学に詳しくない人でも(=私でも)楽しく読めます。

 

 

おもしろ数学コラム集からは一歩レベルアップして

数学の世界を覗きたい人にオススメです。