読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング&ICT最前線

ー21世紀型授業づくりへの挑戦。あと読書。ー

感想コメント記録

2014年度実践記録

授業前の休み時間で、8割以上の生徒が

机に突っ伏して寝ているような状況でした。

 

7時間目ということもありますが、疲れていたのでしょうか・・・

 

コメントにもいくらかそれが現れていました。

 

こういうときに、いかに学習に向かってもらうかが難しいですね。

 

もちろん前向きな姿勢の生徒も多く、

コメントでも「解けるようになりたい」という意欲が見られました。

 

 

-----

以下は感想コメントです。

 

「次回の授業ではもっと××したい!」(重点目標)

 

早さを重要視したい

復習してくる

個人でやってしまうから改善

チームで協力する

理解できるようにしたい

集中

チームに貢献する

もっとはやく!

むずかしかった

眠気に打ち勝つ

最後のxとyを求める計算を速くする

集中する

分からなかった。全体的に

集中

内容理解

集中する。concentrate on。

次はしっかりやりたい

あそばない。

次までに∀りかいしてきたい。

次は素早く解く

  

 

--------------------

コメント

面白かったこと、分かったこと、気づいたこと、もっと考えてみたいこと

不思議に思ったこと、まだ納得がいかないこ

と、できたこと・・・etc

 

式が多くなっていくと理解が遅くなる

 

終わらない・・・。

 

理解はしたが書けないのでそれを自宅でがんばる。

平面がのびたのには驚き。

 

最初の問題で前回のことを忘れてしまっていたから

そこから時間がかかった。

計算の仕方があまり分からなかった。

 

理解できるようにしたい

 

全く解けなかった

 

問題に集中できなかった

 

難しかった。

テストまでにしっかり理解しておきたい。

空間になってもしっかり図をイメージできるようにしたい

 

今まではどんどん解き進めていくことができたけれど

そうはいかなくなってきました。

復習とかして分からないところはできるまでやる!

 

計算するのが速くなりたい

 

問題1つも解き終わらなかった。

 

わからない

 

しっかり復習をする

 

計算がおいつきませんでした。

何もできませんでした。

たぶん途中もまちがえました。

 

まったく、分からない。

 

ねむかった

 

次はまじめにやる…。

 

人にきいたけど、自分の理解力がなくて、

カンタンなことにすぐに気付けなかった。

 

考える量がすごく多い。