読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング&ICT最前線

ー21世紀型授業づくりへの挑戦。あと読書。ー

デイミアン・トンプソン『依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実』

読書記録

 

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実

 

 <目次>

第1章 社会は私たちを「廃人」にしたがっている
――iPhoneいじりと甘すぎるスイーツに見る病みつきビジネス
第2章 依存症は本当に病気なのか?
――環境次第でだれもが「依存者」になりうる社会
第3章 なぜ自分を破滅に導く習慣をやめられないのか?
――病みつきビジネスが利用している脳の仕組み
第4章 お買い物とヘロインとお酒の共通点とは?
――自由市場と依存の関係は18世紀ロンドンで始まった
第5章 スイーツはもはやコカインだ!
――スタバの「フラペチーノ」に仕込まれた巧妙な戦略
第6章 どこに行っても安く、大量に酒が手に入る世界で
――社会をアルコール漬けにするメーカーと販売網
第7章 処方箋薬がこれほどいい加減とは!
――合法的なおクスリでもじゅうぶんトベる
第8章 ゲームという新時代のギャンブル
――合言葉は「ユーザーを永遠のキャッシュマシンに! 」
第9章 「無料ポルノ革命」の衝撃
――最新テクノロジーを最大限に活かす無秩序な業界とその餌食たち
第10章 われらを誘惑から救いたまえ
――依存の「解毒」ですら商売になる時代で

 

 

読み応えもありますし、かなり内容が重い本です。

 

もちろん煽っている部分もあるのですが、

しかし、とりあえず砂糖の摂取には気をつけようと強く思いました。笑