読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング&ICT最前線

ー21世紀型授業づくりへの挑戦。あと読書。ー

日本デジタル教科書学会 全国大会

研修記録

新潟で開催された、

日本デジタル教科書学会 | Japan Society of Digital Textbook

全国大会に参加してきました。

 

学会というものに久しぶりに参加しましたが、

この「分科会」というものの、

「あちらも聴きたいし、こちらも聴きたいし」

というもどかしさは健在でした。

 

堀田龍也先生(東北大学大学院教授)の基調講演も、

 

上松恵理子先生(武蔵野学院大学准教授 学会副会長)  
谷脇康彦先生(内閣官房情報セキュリティセンター副センター長)
白水始先生(国立教育政策所総括研究官)
大島純先生(静岡大学大学院教授)
曺圭福先生(KERIS:韓国教育学術情報院)

という錚々たるメンバーによるシンポジウムも、

 

杉本真樹先生(神戸大学大学院)による

人を動かすインセンティブプレゼンテーション講座も、

 

どれも刺激に満ちあふれていました。

 

分科会も、散々迷った末に聴きに行ったお話はどれも参考になりました。

 

 

ワークショップのRaspberryPiもすごく面白かったです。

一回触ってみたかったので念願叶いました。

まさかそのまま頂戴できるだなんて。

 

Scratchも初めて試しましたが、

プログラミング入門としてはすごく良いと思います。

 

これで物足りなくなって、次に進んでくれたらなお良いですね。

 

 

ということで、刺激の多い大会でした。

 

来年度は札幌で開かれるそうです。

旅行ついでにぜひ。