読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング&ICT最前線

ー21世紀型授業づくりへの挑戦。あと読書。ー

『キャリアガイダンス』2014年5月号

読書記録

『キャリアガイダンス』の最新号をようやく読みました。

 

今までと比べて大きく変わった印象。

特に特集はかなり読みやすいです。

 

内容が参考になるのはいつものことですが、

「なぜ学ぶ・なぜ働く」というともすれば観念的になりがちな話を、

特別授業や授業事例という実践や、

実際に学ぶ人働く人のコメントを軸にしているので

しっかりと地に足が着いた話になっています。

 

それぞれの主張に対して100%同意はしかねる部分もありますが、

これだけ実践に基づく話をされると

「そういう考え方もあるな」と受け入れざるを得ない説得力が出るし、

持論を主張するなら実践(必ずしも授業という意味ではなくて)で示さなければ、

という気持ちにもさせられます。

 

 

「教科でキャリア教育」が毎回一番楽しみにしているコーナーです。

 

評論文の授業に身体表現を取り入れる。

 

国語の授業のことはあまり分かりませんが、

普段から色々と思うところはあります。

 

表現としての「国語」を学ぶときには、

同様に表現の側面を持つ英語や体育、芸術などと絡めて学んでほしいです。

数学や理科や社会にだって自己表現という面がありますし。

 

 

他の先生方の実践は、本当に刺激と力になります。

明日からまたがんばろう。