読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング&ICT最前線

ー21世紀型授業づくりへの挑戦。あと読書。ー

感想コメント記録 番外編

2014年度実践記録

中学生対象の学校説明会で体験授業をしました。

 

ベクトルの初回の授業を、

高校2年生と全く同じ形で。

 

初対面のグループながらも、よく取り組んでいたと思います。

 

お母様グループの方が積極的に相談していたのが印象的でした。

 

中学生だけのグループを作るより、

保護者の方も混ぜた方が良いのかも・・・?

 

 

以下、感想コメントです。

 

◆「次回の授業ではもっと××したい!」(重点目標)

 

他人と話すことに積極的になる

 

次回の授業では、質問したり、説明できるようにしたいです。

 

チームではなせるようにしたい

 

100点ではなかったので、しっかり理解してから取り組みたい。

 

人見知りなので、もっと積極的に動いたり質問したいです。

 

次回の授業ではもっと積極的にチームで協力したいです。

今回は質問したり説明することはなかったけれど、

もし聞かれたら答えられるようにしたいです。

 

もう少しわかりやすい図を描いて、

よりわかりやすい説明ができるようにしたい。

 

もっと人との解答を照らし合わせたりして協力をする!!

 

もう少し話し合ったり協力したりできるといいと思う。

 

問題をよくよんで、答える(保護者)

 

発想の転換!!(保護者)

 

 

◆自由コメント

 

全員、満点をとることを目指したら、

すごく集中することができ、とても面白かった。

 

中学校ではできないような授業で、楽しかったです。

授業で「ベクトル」について良く学ぶことができたと思いました。

 

ベクトルというものがあるのを知れた。

 

チームで話し合う授業や、タブレットを使う授業は新鮮だった。

またこの授業のやり方がとても理解しやすいと思った。

次回につなげたい。

 

いちはやくベクトルについて知ることができてよかったです。

矢印の見方が少しかわったような気がします。

数学が苦手だけど、ベクトルの分野は楽しく授業をうけられそうです。

iPadを使った授業が新鮮でした。

 

「ベクトル」という言葉は初めて聞いたけれど、

等しいベクトルを見つけるのが楽しかったです。

 

複雑な立体の中に存在するベクトルは

どのような向きになったりするのか気になった。

 

まだ習ってないところでもしっかりと解くことができてよかったです。

矢印と数学に関係があるのが面白かったです。

図の全体を見る大切さがよくわかりました。

 

ベクトルについて少し理解できた。

 

わからないところなどすぐに質問できるグループ学習は

自分の間違い(思い違い)も早めに解決することができ、

とても良いと思いました。(保護者)

 

向きが同じベクトルは大きさは違っていい。

日本語を正しく理解して問題をよく読むといいと思いました。(保護者)

 

高校のときに学習したいたハズですが

?十年過ぎ忘れてしまったところにこの問題

随分頭(考え方)固くなってしまったけれど

グループで解いてみて、あ!なるほど!と思う事がありました。

それと、今の時代ディスカッション出来ないとダメなんだなと思いました。

(コミュニケーション能力大事!!)(保護者)

 

全てが面白く不思議でした。

楽しかったです。学生時代を思い出しました。

問題の文章wお読み解くのが面白くて。(保護者)

 

同じ、等しいベクトル、でも、

大きさ・向き・全て等しいの3種類の違いが

とても分かりやすく学習できました。

また、同じ事を2回することで確認が出来ました(保護者)